フォト

最近の記事

Facebook

Twitter
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 第1035回 Projet La Voix des Poetes(詩人の聲)、神泉薫公演のお知らせ | トップページ | 鈴木ユリイカさん、責任編集詩誌『something18』に詩とエッセイを発表 »

2013年12月18日 (水)

三溝美知子さん装画、『いにしえの光』(ジョン・バンヴィル著、村松潔訳新潮社)。

 来春上梓予定の、絵本の絵を担当してくださった、画家、イラストレーターの三溝美知子さんの新しいお仕事のご紹介です。

 新潮クレスト・ブックシリーズの一冊、『いにしえの光』(ジョン・バンヴィル著、村松潔訳新潮社)。ダブリン在住の、アイルランドを代表する作家ジョン・バンヴィルの長編小説、表紙の美しい装画を手掛けていらしゃいます。

 

いにしえの光 (新潮クレスト・ブックス)

 

 一人の老いた俳優の、少年時代の禁断の恋の物語。清潔なエロティシズムがにおい立ち、一行一行が詩的な光を放っています。記憶の甘さと苦さ、せつなさにどんどんページをめくらずにはいられません。

 

 親友の母との、ふたりだけの秘密の行い。それは林の中の廃屋で。

 深い森へと続く小道の向こうにある官能的な光。

 それは誰にでもある、心の引き出しの奥にある、秘密の森へと続いているのかもしれません。

 装画の絵とともに、ぜひ、見てみて下さい!

 

☆三溝美知子さんHP→http://michikosamizo.com

 

 

 

 

 

 

« 第1035回 Projet La Voix des Poetes(詩人の聲)、神泉薫公演のお知らせ | トップページ | 鈴木ユリイカさん、責任編集詩誌『something18』に詩とエッセイを発表 »

ニュース」カテゴリの記事