フォト

最近の記事

Facebook

Twitter
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 乳歯の時間 | トップページ | クラスター爆弾禁止条約 »

2010年8月 1日 (日)

数センチの枠の中で

 イスラエル、ガザ空爆の新聞記事。

 ちいさな枠のなかの、おおきな痛みを感じる、ニュース。

 「イスラエル軍は7月30日夜、パレスチナ自治区ガザにあるイスラム組織ハマスの関連施設や南部ラファの密輸トンネル地帯など3か所を空爆、ガザからの情報ではハマス戦闘員の幹部1人が死亡、民間人を含め13人が負傷した。…」(朝日新聞 朝刊 8/1)

画面には土煙、灰色の映像、声にならない悲鳴に満ちあふれ、終わりのない、爆音。

 

 ひとり、ひとり、に一体、何ができるのか? 

 まなざしを向けること。決して、無関心にならないこと。

 内省すること。人間の在り方について、考えをめぐらすこと。そして、身近な「扉」を開けること。

 

 

 

 

« 乳歯の時間 | トップページ | クラスター爆弾禁止条約 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事