フォト

最近の記事

Facebook

Twitter
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 男と女の、データファイル | トップページ | La Voix des poetes(詩人の聲)第350回、片山令子の聲 »

2009年6月14日 (日)

人間でないもの

娘のモダンバレエの発表会が近い。

衣装チームの私。今年は何を作るのか、というと……。

蜂の「触覚」、である。モールをくるくると丸めて。

これまで作った小道具は、兎の耳やしっぽ。踊りの中で子供たちは、兎になったり、熊になったり、蟹や、蜂や、ネズミになったりする。

そこで、衣装の小道具に必要になるもの。人間ではないので、耳やしっぽを作ることになる。とてもかわいらしいが、3年生になった娘は、そろそろ「人間の踊りがいいなぁ…」と、高学年のお姉さんたちが踊る、アヴェマリアのしっとりとした踊りにあこがれ始めている。

「触覚」をつけたら、もっと敏感に世界を感受するかもしれない。

お姉さんの階段を一歩ずつ登っている。

« 男と女の、データファイル | トップページ | La Voix des poetes(詩人の聲)第350回、片山令子の聲 »

育児」カテゴリの記事